アフターピルのアイピルとは

アフターピル人気No.1「アイピル」

アフターピルNo.1の「アイピル」とは

アイピル

緊急時の避妊方法として、アフターピルを重宝する人も少なくありません。

 

避妊に失敗したときでも、素早く服用することで高い確率で避妊ができます。

 

そんなアフターピルですが、単一のお薬を指す言葉ではありません。アフターピルにもさまざまな種類のお薬があるのです。

 

「アイピル」もその一つです。アイピルは、日本で有名なアフターピルである「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。
 
ジェネリック医薬品は、特許の切れた医薬品を、同じ有効成分を使用して販売することができるものであり、開発費用がかかっていない分だけ安い値段でアフターピルを販売することができます。

 

しかも、有効成分は同じものを使用してるため、安価であるとしてもその薬効は衰えることはありません。

 

日本でも個人輸入で一番人気のアフターピルがアイピルです。

 

アイピルは、避妊失敗後24時間以内に服用すれば、約95%の確立で避妊できると言われているほど効果の期待できるアフターピルです。

 

その効果の高さから「避妊のお守り」として常備している女性も少なくありません。

 

計画妊娠において避妊具に破損が生じた場合でも、常備しているアイピルを服用することで高確率で避妊が実現できるのです。

 

そのアフターピルの有効成分「レボノルゲストレル」は、排卵の周期を遅らせたり、着床を防止するといった効果を期待できます。

 

避妊に失敗した場合でも素早く服用することで、受精卵の着床を強制的に防ぐことで避妊が可能なのです。

 

アフターピルを服用することのメリットとしては「飲み忘れない」ということです。

 

一般的なピルの場合、決まった時間に服用する必要があるのですが、アフターピルは避妊失敗時に服用するため、必要に応じて服用するというスタイルは飲み忘れを発生させません。

 

その性質上、連日のように服用することは危険なのですが、「緊急時だけ」という服用スタイルはお薬の購入費用を最小限に抑えることに繋がります。

 

コンドームをしないでのセックスで女性器内に射精してしまった場合や、コンドームが敗れた場合など、アフターピルは緊急な避妊薬として大切なお薬です。

 

アフターピルを使わなければ中絶手術しか、避妊する方法はありません。体にも経済的にも大きなダメージです。

 

加えて、ジェネリック医薬品であるアイピルは薬価も安く、愛用することによる経済的な負担は最小限に抑えられます。

 

そんなアイピルですが、副作用が発生しないというわけではありません。医薬品である以上、少なからず副作用のリスクは考慮しなければなりません。

 

第一に「嘔吐」の症状です。特に、空腹時の服用は嘔吐の副作用のリスクを高めます。

 

また、嘔吐の症状によってアイピルを正しく服用できているかどうかも怪しくなります。

 

アフターピルは吐き気を催すことがあるので吐き気止めと一緒に飲みましょう。

 

個人輸入のお店でもアフターピルと吐き気止めを一緒に通販できます。

 

 

アイピルを服用して嘔吐の症状が発生した場合は、お近くの医療機関を受診してください。

 

アイピルの購入方法ですが、主に「個人輸入」が挙げられます。

 

個人輸入は、日本国内では医師の処方を必要とする医薬品(処方せん医薬品)であっても、ネット通販と同じような感覚で購入できるのです。

 

また、個人輸入で医薬品を購入する場合、一度に大量に購入することで値引きを受けることができるケースが多いです。

 

アイピルの場合、ジェネリック医薬品ということでもともとの薬価も安いのですが、大量購入でさらに購入単価を下げることができます。

 

一度購入しておけば、使用頻度の高いお薬ではないのでしばらく購入しなくても良いでしょうし、大量にあれば切らす心配も少ないです。

 

ですが、個人輸入にはデメリットもあります。まず、正しく服用できるかという問題です。

 

処方された場合は正しい用法を医師から聞かされますので安心です。

 

また、何か副作用等のトラブルがあった場合も処方医に素早く診てもらう事が可能です。

 

アフターピル個人輸入の場合はこれが難しく、副作用のリスクを自分できちんと管理しなければなりません。

 

また、「偽物」を掴まされる可能性もありますので、「クスリエクスプレスさん」などシンガポールなど個人輸入の定番国のネットショップを選びましょう。

 

個人輸入で購入する医薬品は、購入するサイトによっては偽って偽物を販売している可能性があり、利用者はそれに気がつくことができません。

 

しかも、緊急性を要する上に妊娠してしまえば中絶に相当なコストがかかることを考慮すると、きちんと本物のアイピルを販売している個人輸入サイトを選ぶことが重要になります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ