アフターピルの処方

アフターピルの処方

アフターピルは処方より、個人輸入の通販が便利です

アフターピルの処方

 

事前の避妊が間に合わなかった際の緊急処置として名高いのが「アフターピル」です。

 

いざという時に便利なお薬なのですが、ドラッグストアや薬局でアフターピルをご覧になったことがありますか?おそらく、無いのではないかと思います。

 

それもそのはずで、アフターピルは「処方せん医薬品」の一種であり、要するに医師の処方がなければ入手できないお薬なのです。

 

一部、個人輸入などの方法で入手できる場合もありますが、国内ですぐに入手するとなれば、婦人科を受診しなければなりません。

 

ちなみに個人輸入で一番人気のアフターピルは「アイピル」で低価格なことと、国内でも使用ユーザーが非常に多いのが人気の理由です。

 

アフターピルは該当の性行為後72時間以内に服用しなければ効果が期待できないので、避妊失敗時には早めに婦人科を受診する必要があります。

 

ただ個人輸入ならあらかじめ通販して自宅にアフターピルをおいておけるので便利ですね。

 

ここで気になるのは「アフターピルを入手できるまでに、どのようなプロセスを経る必要があるのか?」ということです。

 

血液検査や特別な検査を必要とする場合であれば、どうしても尻込みしてしまうものです。

 

では、実際にアフターピルを処方してもらうまでにどのような手順を踏むことになるのか説明しましょう。

 

まず、避妊失敗した女性本人が婦人科を受診します。次に、ほとんどの場合は「問診票」に必要事項を記入し、提出します。

 

問診票の内容を基にして、月経周期や最終月経、内服薬やアレルギーの有無、病気の有無やアフターピル服用の経験の有無などを聞かれます。

 

また、事情が事情なので、医師が必要性を判断した場合は妊娠検査などの検査を行うことがあります。ここで妊娠が判明した場合は、もはやアフターピルは役に立たないので、アフターピルが処方されることはありません。

 

問診や必要な検査が全て終了したら、アフターピルの効果や副作用などの説明を受けます。全て終了したら、アフターピルを処方してもらえます。

 

「え、これだけ?」と思われる方も多いのではないかと思います。ですが、基本的にこれだけです。検査等を必要とせず、問診だけで処方してもらえることも多いです。

 

そもそも、アフターピルの処方が「検査結果が出る1週間後以降」なんて悠長なことはできません。緊急性を持つ処方薬である以上、時間をかけて処方の必要性を判断することはできないのです。

 

ただし、一つ注意しなければならない事があります。それは「どの病院でもアフターピルを処方してもらえるとは限らない」ということです。

 

前述の通り、既に妊娠が判明した場合はアフターピルを処方してもらえませんが、そもそもの問題として「その病院がアフターピルを取り扱っているか」という点が挙げられます。

 

つまり、アフターピルを扱っていない病院へ行っても、無いお薬を処方してもらえるわけがないのです。

 

そのため、行く予定の病院に対して事前に問い合わせをしておき、アフターピルを処方してもらえるかどうかを確認しておきましょう。もし、アフターピルを扱っていない場合は、最寄りの別の婦人科を探す必要があります。

 

もう一つ注意しなければならないのは「アフターピルは緊急避妊したい女性本人でなければ処方できない」ということです。

 

避妊が必要ということは、パートナーの男性が代わりに来院することも考えられますし、パニックを起こしている本人に変わって友人や家族が来院することも考えられます。

 

しかし、問診の必要がありますので、本人が受診しなければアフターピルは処方してもらえません。

 

ちなみに、病院へは念のため「保険証」を持参してください。アフターピルは保険適用外なので保険証は基本的に必要ないのですが、本人確認やカルテの作成に際して必要になることもあります。

 

なので、持参しておくと受診がスムーズに進みます。保険証を持参できない場合は、本人確認書類(免許証や社員証など)を持参しておきましょう。

 

その他、不明な点があればお近くの婦人科に問い合わせて確認しておきましょう。

 

アフターピルの処方の可否だけでなく、受診前に確認しておきたいことがあれば聞いておきましょう。安心して婦人科を受診することができるでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ