アフターピル服用後の生理

アフターピル服用後の生理

アフターピル服用後の生理について

アフターピル服用後の生理

セックスの後でも万が一避妊に失敗した場合もアフターピルを服用すると、その作用で妊娠を回避することができます。

 

そのとき妊娠を回避できた証拠として出血が起こります。

 

アフターピルの服用で起きる生理は定期的にある生理と分けて、消退出血と呼ばれます。

 

避妊ができたかどうかは、消退出血が確認できて初めて避妊が成功したかが分かります。

 

アフターピルの服用のタイミングで消退出血がいつごろあるかの時期も変わります。

 

排卵前に飲むと、早ければ3日後に消退出血が起こります。

 

多くは1週間以内に消退出血があり、避妊ができたことが確認できます。

 

排卵前ですと、自然な生理もその後に来るので1ヶ月の間に2回生理が来る場合もあります。

 

もし排卵後にアフターピルを飲むと、出血は排卵前と比べて遅くなりやすいです。

 

ですが遅くとも3週間以内には消退出血が来ると考えられています。

 

消退出血がいつ来るのかは個人差がありますが、出血が3週間以上たっても起こらないときには、妊娠の可能性があるので、病院などで検査をしてもらいましょう。

 

また消退出血がなかなか確認できないこともありますが、3日も経たないうちに出血することもあります。

 

その出血は消退出血ではなく「排卵出血」「着床出血」といった不正出血のことがあります。

 

普段から生理周期に問題がなく、不正出血もない人はアフターピルを服用しても「排卵出血」などもないことが多いようです。

 

ですが体質や個人差があります。

 

早すぎる出血、消退出血がなかなか起こらないなどの症状があれば、遠慮なく婦人科などに相談しましょう。

 

また生理もアフターピルを飲むと、早くなったり遅くなったりすることがあります。

 

排卵の前や排卵期にアフターピルを服用すると、消退出血と生理が1ヶ月のうちに1回ずつ来て、2回生理が起こることが大半です。

 

排卵後にアフターピルを服用すると、通常の生理周期と重なり1ヶ月に1度で終わることが多いようです。

 

アフターピルには中用量ピルに分類されており、ホルモンの含有量が多いピルです。

 

ですからアフターピルを服用すると、女性ホルモンのバランスが一時的に崩れます。

 

アフターピルはホルモン含有量の多さにより、一度服用すると体内のホルモンが安定するには約3ヶ月かかるといわれます。

 

中用量に分類されるアフターピルは、自然な生理のサイクルにも影響が出てしまい、次の生理が起こる間に、急激なホルモンの増加で不正出血など通常と違う変化があることも、十分に考えられます。

 

服用しなければならなくなった場合は、処方先の医療機関に自分の通常の生理周期を伝えておくと、消退出血のタイミングもいつごろなのか目安を教えてくれるでしょう。

 

他にも疑問やリスクなど不安なことがあれば、しっかり聞いておきましょう。

 

アフターピルは安全な避妊薬という実績はありますが、体に負担がかかることには違いありません。

 

また女性にとってはとても不安に感じることです。ホルモンの作用はストレスにも密接に関係しています。

 

体質、ストレスなどで消退出血、生理も通常と違うサイクルになることも考えられます。

 

そのときアフターピルで妊娠が防げたとしても、基礎体温などで自分の体の状態をしっかり把握して、管理しましょう。

 

生理の周期は考えているよりも簡単にずれます。

 

アフターピルの効果は一時的なもので、持続性はありません。

 

体の状態が落ち着くまでは、セックスを控えるかそれが難しいなら、しっかり避妊をしましょう。

 

アフターピルは、ホルモンが多く含まれます。服用すると体に負担がかかるものです。

 

ですから何度も服用するものではなく、あくまでも最終手段です。

 

また低用量ピルを使用して、避妊を考えるのであってもアフターピルで避妊が成功した後に、婦人科などの医療機関で相談しながら、使用のタイミングやピルの種類を選びましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ