アフターピル服用後の出血

アフターピル服用後の出血

アフターピル服用後の出血について

アフターピル服用で出血

こちらではアフターピル服用後の出血について説明します

 

アフターピルと呼ばれる中用量のピルがあります。セックス後でも妊娠を回避するためのピルの一種です。

 

アフターピルは日本の医療機関ではノルレボ錠、プラノバール錠(ヤッペ法)の2種類のどちらかを処方されます。

 

ノルレボ錠、プラノバール錠も女性ホルモンを含む薬です。服用することで、体内の女性ホルモンが急激に増えます。

 

体内ではその影響で排卵のサイクルが崩れたり、受精卵の着床を防ぎます。

 

その結果、月経のような現象が起こります。これを消退出血といいます。

 

消退出血が起こって初めて避妊が成功したことになるため、アフターピルを服用したら消退出血があるかどうかが重要です。

 

消退出血は早く起これば服用後3日後、遅くても3週間以内に起こります。

 

多くの人は1週間以内に起こるといわれています。

 

消退出血はアフターピルを服用したのが排卵の前なのか後なのかによります。また体質によっても、消退出血のタイミングがずれます。

 

排卵前、排卵期ですと、大半は消退出血が早く起こることが多いようです。

 

消退出血はアフターピルによって人為的に月経を起こすものです。

 

体質や服用の時期によって1ヶ月に消退出血と自然な月経の合計2回の出血があります。

 

排卵後にアフターピルを服用した場合は、いつもの月経サイクルと重なり1ヶ月のうち1回で終わることが多いようです。

 

この時の月経は消退出血と月経が同時に起こっている、という状態です。

 

また排卵の前後のタイミングで消退出血の量も違います。

 

排卵の前にアフターピルによって消退出血が起きる場合は、自然に起こる月経と比較して出血の量は少なくなります。

 

逆に排卵後にアフターピルを服用した時には、出血の量はふだんの月経時と同じぐらいの出血量になることが多いです。

 

消退出血はアフターピルの服用後、3週間以内には起こるといわれています。

 

ですから3週間以上経過しても消退出血が起こらない場合は、妊娠の可能性があります。

 

その場合は婦人科やレディースクリニックなどで、一度妊娠したかどうかを検査した方が確実です。

 

消退出血が避妊が成功したかどうかの目安になりますが、中には消退出血ではなく「排卵出血」や「着床出血」といった消退出血ではない出血が起こることがあります。

 

「排卵出血」とは排卵時に起こる出血量の少なく出血期間も1日〜3日と短いです。

 

「着床出血」とは受精卵が着床した際に起こる出血で1日〜1週間の間と短い期間で起こる出血です。

 

「排卵出血」がふだんから症状がない場合はアフターピルを服用しても、「排卵出血」は起こりづらいといわれています。

 

排卵出血、着床出血の血液の状態は赤黒かったり、褐色、ピンク色、赤などで個人差があります。ですから色などから消退出血と判断することは難しいでしょう。

 

 

ですがアフターピルは女性ホルモンに大きな変動を起こさせるものなので、ふだん排卵出血のような不正出血がない人でも消退出血と見分けがつきにくく、また着床出血かどうかもわかりづらいものです。

 

ですがアフターピルを飲んで、出血が3日以内に起こるようであれば不正出血で、消退出血ではない可能性があります。

 

妊娠の可能性やの他の原因も考えられますので医療機関を受診して、検査したほうが良いでしょう。

 

アフターピルを服用したら1度、妊娠検査をしてみましょう。

 

市販の妊娠検査キットでも良いですし、ドラッグストアや薬局の市販の妊娠検査では心配な方は婦人科などで、しっかり検査をするほうが確実です。

 

また通常の月経サイクルが不順であったり、排卵出血がある方も消退出血かどうかの見極めが困難です。

 

アフターピルを使用する場合は、女性にとっては心身に大きな変化を与えます。

 

ホルモンはストレスなどちょっとした変化で、体に影響をあたえますから、通常とは違う変化が起こってもおかしくありません。

 

不安になる前に、医療機関、パートナーとしっかり相談し一人で抱え込まないようにしましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ