アフターピルの購入

アフターピルの購入方法

アフターピルの購入方法

アフターピルの購入

 

私が、アフターピルに関してよく質問されるのは「アフターピルは薬局で購入できますか?」ということです。

 

確かに、緊急性を要し、性行為という比較的日常的な行為に対して使用されるアフターピルを、近所の薬局やドラッグストアで購入できれば便利だとは思います。

 

72時間以内という制限時間も、お近くの薬局に出向くだけで購入できるというのであれば、失敗のリスクを最小限に抑える事ができるでしょう。

 

ですが、アフターピルは薬局やドラッグストアなど、市販での販売はされていません。

 

いくら急いでいるからと言っても、薬局やドラッグストアに足を運んだところで徒労に終わります。

 

では、アフターピルはどこで入手することができるのでしょうか?

 

大きく分けると「婦人科での処方」と「個人輸入での購入」に分かれます。

 

まずは「婦人科での処方」による購入です。

 

処方せん医薬品であるアフターピルは、医療機関で処方を受けなければ基本的に購入することは不可能です。

 

お近くの婦人科を受診して、問診や簡単な検査を受けてから処方を受けてください。

 

ただし、以下のケースではアフターピルを処方してもらえません。

 

まずは「アフターピルを取り扱っていない」ことです。

 

医療機関によって、アフターピルの取り扱いはまちまちです。

 

なので、受診予定の医療機関にアフターピルが置いていない可能性もあり、その場合は別の婦人科を受診しなければなりません。

 

二度手間になりますので、受診予定の医療機関に事前に問い合わせを済ませておき、アフターピルを処方してもらえるかどうか確認しておきましょう。

 

もう一つの理由は「アフターピルの処方が不適切である場合」です。

 

これは、受診した女性が「アフターピルを服用してはいけない理由」がある場合で、例えば血栓症を患っていたり、既に妊娠している場合です。

 

問診や検査結果によって、アフターピルの服用が好ましくないと診断された場合は、アフターピルの処方を諦めるしかありません。

 

もう一つの方法は「個人輸入での購入」です。

 

これは、個人輸入サイトを利用して、海外製の医薬品を通販購入するという方法です。

 

アフターピルの他にも、さまざまな医薬品を取り扱っています。

 

最大の特徴は「医師の処方を受けないと入手できないお薬でも購入できる」ということです。

 

医療機関を受診したくない女性でもアフターピルを購入できるので、便利な方法です。

 

利便性が高いのはそれだけではありません。通販感覚で購入できるので、自宅にいながらアフターピルを通販購入できます。

 

忙しくて外出の時間を確保できない女性でもアフターピルを購入できます。

 

また、アイピルやポスティノールなど有名なアフターピルが処方薬よりも単価が安く購入できるので、経済的な負担が少ないということも挙げられます。

 

多くのメリットに関しては、ネット通販を利用したことがある人なら理解しやすいかと思います。

 

どちらの購入方法が優れているかと言えば、一長一短であると言えます。

 

医師の処方を受ける場合は、アフターピルに関するリスクを最小限に抑えられます。

 

正しい服用の仕方を指示され、服用時に何らかの副作用が生じればすぐに診てもらうことができます。

 

個人輸入の場合は購入手段が手軽であることと、単価が安いことがメリットとして挙げられます。

 

逆に言えば、それぞれのメリットがもう一方の方法のデメリットになるということです。

 

処方ではそれなりに高額で、個人輸入では副作用などのリスクが高くなります。

 

そのため、最初は婦人科で処方を受けて正しい方法でアフターピルを服用し、次回以降はそのお薬を個人輸入で購入するという方法です。

 

これなら、アフターピル服用に関する副作用等のリスクを押さえつつ、繰り返し購入する際には低コストで入手することができます。

 

少なくとも、今までアフターピルを服用したことがない人が個人輸入で知らないお薬を購入することはお勧めできません。

 

昨今はネットでお薬の情報も手軽に入手できますが、実際にアフターピルを服用する立場になればそうした情報は役に立たないことも少なくありません。

 

まずはお薬の専門家である医師の処方を受けた上で、そのお薬の経験を積んでから個人輸入で購入することをお勧めします。
 
また、自宅や旅行先にアフターピルを常備していると安心につながります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ