アフターピルのエラワン

アフターピルの「エラワン」

エラワンは性行為の120時間後まで妊娠回避が可能なピル

エラワン皆さんは「エラワン」というアフターピルの存在をご存知でしょうか?

 

あまり知名度は高くないのですが、実はアフターピルとしての性能は非常に高いのです。

 

アフターピルを利用したい人にとって大いに役立つお薬なので、その特徴をきちんと理解してもらいたいです。

 

エラワンは、他のアフターピルと同様に、性行為後に服用する避妊薬です。

 

服用するタイミングが避妊失敗後からあまり時間が経過していないほどに高い避妊成功率を発揮します。

 

その特性上、「避妊具の破損による避妊失敗」などの際に重宝するお薬です。

 

通常、アフターピルを服用するタイミングは避妊失敗後72時間以内であるとされています。

 

それを過ぎてしまった場合は避妊効果をあまり期待できないのですが、エラワンは違います。

 

なんと、従来の「72時間以内」ではなく「120時間以内」という長い制限時間が設定されているのです。

 

これにより「飲み忘れた」「お薬の用意が間に合わない」といった事態を回避することができます。

 

エラワンが避妊に効果を発揮するメカニズムは、簡単に言えば「子宮内膜」と「頸管粘膜」の状態を変化させることにあります。

 

これにより、精子の子宮への侵入や受精、着床を防止できるのです。

 

早い段階であれば子宮内に精子が入り込むのを阻害できますし、服用が多少遅くなっても子宮内の状態を変化させることで受精卵が着床することを阻害できます。

 

従来のアフターピルと比較して避妊失敗後の猶予が長いので、飲み忘れを起こしにくいところが使いやすいと言えます。

 

エラワンの副作用は、他のアフターピルと同様に吐き気や頭痛、めまいといった症状です。

 

嘔吐する女性が多いので、アフターピルと一緒に吐き気止めのナウゼリンを一緒に飲むと良いでしょう。

 

実際に婦人科でアフターピルを処方する場合でも吐き気止めを処方されることが多いです。

 

 

アフターピルの副作用の発生の有無および副作用の症状の程度は個人差が大きいのですが、副作用がひどい場合はそれ以上服用せず、早めにお近くの医療機関を受診してください。

 

お薬には相性があり、特定のお薬に対して重度の副作用を起こす可能性も考えられます。

 

エラワンは、服用後数日〜数週間でそれなりの出血を起こします。

 

一般的に、この出血が「避妊に成功したサイン」として扱われますが、場合によっては副作用によって発生している不正出血である可能性があります。

 

出血量が多い、あるいは出血する期間が長い場合は、早めに婦人科を受診してください。

 

そんなエラワンですが。欠点がないというわけではありません。エラワンは「高額である」という点がデメリットに成ります。

 

あるサイトでは、他のアフターピルが1箱1,500円〜2,000円で販売されているのに対して、エラワンは5,000円前後の値段で販売されているのです。

 

単純に考えて2〜3倍の値段であり、気軽に購入できるイメージではなくなります。

 

比較して効果は72時間ですがジェネリックのアフターピルである「アイピル」は薬価が非常に安くてまとめ買いでさらにお安く購入できるアフターピルです。

 

ただし、アイピルは個人輸入で通販することになります。

 

ネットのエラワンの口コミでも「高い」「値段がはる」といった意見を多く見かけます。

 

ですが、そもそもエラワンなどのアフターピルは「緊急用の避妊薬」であり、常に使用するということは前提としていません。

 

他のアフターピルと比較して「5日まで猶予がある」という点は大きなメリットです(早めに服用したほうが良いということは変わりませんが)。

 

なので、購入から商品の到着までに時間がかかる可能性のあるアフターピルの中でも、慌てず購入でき、制限時間内に商品到着が間に合う可能性が高いエラワンは魅力あるアフターピルでもあります。

 

また、アフターピルを自宅に置いたまま外出先で性行為に及び、避妊に失敗したときでも服用が間に合うといったメリットもあります。

 

服用可能な期間が長いというメリットを最大限に評価し、頻繁に使用することを前提としないのであれば、エラワンは今後注目すべきアフターピルであると言えます。

 

エラワンに限った話ではありませんが、アフターピルなどの個人輸入サイトで購入できるお薬は、時に「偽物」を買わされることもあります。

 

なので、値段が安いからと怪しいサイトで購入するのではなく、シンガポール登記のくすりエクスプレスさんなど販売実績の豊富な安心できるサイトで購入することをお勧めします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ