アフターピルのノルレボ錠

アフターピルの「ノルレボ錠」

アフターピルのノルレボ錠について

ノルレボ錠

緊急時の避妊方法として有名な「アフターピル」ですが、インターネットで調べてみると「ノルレボ錠」という単語がよく出てきます。

 

避妊ピルの種類であることは想像できますが、どういったものであるのかについては名前だけでは想像できません。そこで、ノルレボ錠について調べてみました。

 

ノルレボ錠は「あすか製薬」が販売しているアフターピルです。

 

ジェネリック薬のアイピルというアフターピルも世界中で使用されており、日本でも個人輸入では一番売れているアフターピルがアイピルでもあります。

 

アイピルのメリットは低価格なことで、ノルレボ錠の後発にあたるため効果は同じですが、価格が数分の一で、かつ個人輸入で処方箋無しで自宅から通販ができるメリットがあります。

 

ノルレボ錠は日本で初めて販売された緊急避妊薬アフターピルであり、その安全性や有効性は国際的に認められています。

 

WHO(世界保健機構)でも認められているノルレボ錠は、緊急避妊のエンシャルドラッグ(必須薬)として指定されているほどです。

 

アフターピルのノルレボ錠の有効成分は「黄体ホルモン」です。

 

正確には「レボノルゲストレル」という成分であり、排卵の抑制による受精阻害と、子宮内膜の増殖阻害による受精卵の着床阻害という効果によって緊急避妊薬としての役目を果たしています。

 

ノルレボ錠は、避妊失敗後72時間以内に服用する必要があります。

 

72時間が経過した後でもアフターピルの効果が消失するというわけではありませんが、避妊の成功率を著しく下げてしまいますので、早めに服用する必要があります。

 

なお、一般的な医薬品と同様に、アフターピルの薬効を阻害しないためにも服用時の水分は「水」が推奨されます。

 

なお、可能であれば空腹時を避け、食後に服用することをお勧めします(理由は後述)。

 

ノルレボ錠を服用するにあたっては、いくつかの医薬品やサプリメントとの相性を考慮する必要があります。

 

アフターピルと一緒に飲まないほうが良いものに、例えばフェノバルビタールやフェニトインなどの「抗けいれん薬」や、「セントジョーンズワート」を含んだサプリメントなどです。

 

相互に作用してお薬の効果を弱めたり逆に強くしすぎる可能性があります。

 

その副作用ですが、ノルレボ錠は服用時に「吐き気」の症状を呈する可能性があります。

 

先ほどアフターピルは「食後に服用」と言ったのは、空腹時の服用は吐き気の症状を強める可能性があるからです。

 

もし、嘔吐してしまえばノルレボ錠も一緒に吐き出してしまう可能性が高く、緊急避妊効果を十分に果たせない可能性が高いです。

 

また、再服用の可能性についても判断が難しく、嘔吐の症状が出にくい食後の服用が無難です。

 

アフターピルによる吐き気には吐き気止めを一緒に飲むとよいでしょう。

 

アフターピルの効果に影響ありませんし、婦人科でも処方されますが、個人輸入でもアイピルなどと一緒に通販できます。

 

 

その他のノルレボ錠を含むアフターピルの副作用として最も多いものは「消退出血」です。

 

添付文書によれば、その発生確率は約46%であり、多くの場合において見られる症状であることがわかります。

 

消退出血が始まるまでの時間は生理周期により個人差が大きいです。

 

早ければノルレボ錠の服用後数日で、遅い場合は数週間後に発生します。

 

その他の副作用としては、頭痛や倦怠感、腹痛や肌荒れと言った症状を訴えるケースもあります。

 

ピルの服用で特に危険視されているのが「血栓症」です。

 

しかし、ノルレボ錠には血栓症のリスクとなるエストロゲンが含まれていないため、ノルレボ錠の副作用として血栓症は危惧されていないのが一般的な考え方です。

 

ノルレボ錠は、一般的に婦人科での処方で入手します。

 

ドラッグストア等では販売しておらず、国内での購入方法は他に「個人輸入」があります。

 

アイピル

個人輸入ではアフターピルのノルレボ錠ジェネリックで低価格のアイピルが購入できます。

 

しかし、正しい服用法や副作用のリスクなどについての情報を知るためにも、婦人科を受診して医師の処方を受けてください。

 

婦人科を受診することに抵抗を感じる方は、「ノルレボ錠の処方には問診のみで十分」ということを理解しておきましょう。

 

一部、妊娠検査等を行うこともありますが、ほとんどの場合は問診票の記入とお薬に関する注意だけでノルレボ錠を処方してもらえます。

 

個人輸入でアフターピルを通販するメリットは、将来の緊急避妊に備えてアフターピルをまとめて購入できること、自宅で通販できること、低価格であることです。

 

 

クリニックでは将来に備えてアフターピルの処方はされませんが、そんなことを言っていると必要なタイミングでアフターピルを服用できずに妊娠してしまいますよね!

 

旅行先にアフターピルを持参するためには個人輸入で通販するしかありません。

 

個人輸入を利用する場合は、一度婦人科できちんと処方を受けた上で利用することをお勧めします。

 

個人輸入は通販感覚でお薬を購入できる便利なサービスではありますが、服用法をきちんと理解できていないお薬でも購入できてしまうところがネックです。

 

逆に言えば、医師の処方を受けたことがあるお薬であれば、安全に服用できますので、「手軽に購入できる」「安価で購入できる」といったメリットを十分に享受することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ